MENU

「キングダム」ネタバレ793話

「キングダム」ネタバレ793話

今回はキングダム793話のネタバレ+感想記事となっています。

キングダムの793話について知りたい方は必見です。

目次

「キングダム」ネタバレ793話

  • 混迷する王翦軍!
  • 王翦中央軍崩壊する!
  • 田里弥・・・最後の役目!

キングダム793話のポイントをまとめると上記の3つとなります。

それぞれ解説していきます。

①混迷する王翦軍!

第一将亜光の死によって王翦軍は混迷の中に囚われる事になってしまいましたね!遂に残ってしまったのは倉央のみと、彼は副官である糸凌も失ってしまい、もはや戦線を維持する事は難しい状況になってしまいました。

このまま撤退をよぎなくされてしまうも、まともに戦線を維持できない王翦の陣営は敗走を余儀なくされてしまい、各線戦は混迷の中に突入していきます。

しかも秦軍右翼では飛信隊が王賁の指揮下で宜安軍と激戦を繰り広げ、兵力の差によって徐々に押されていました。宜安軍を指揮する袁環はそんな戦況を静観し、冷静に戦局を進めていきます。

飛信隊の孤軍奮闘の戦いに対し、合流した玉鳳隊を指揮する王賁の合流によってさらに強固な陣営と化したと、袁環は敵ながらに相手を評価していきます。

李信と王賁の二人が合流し、李信は李牧を討つことが出来なかったと伝えますが、この戦局では生きて戻れただけでもめっけものです。

完全に戦線は崩れ、戦の勝敗は決しようとする中で今はこの状況をどう生き抜いていくのか?最終的な決断が迫られていきます。

②王翦中央軍崩壊する!

最悪の報告は次から次へと報告されていき、ついに決定的な報告が王賁の元へ流れて来ます。

それは王翦の陣営が崩壊してしまったとの事・・・現在、王翦本人は敗走しており王賁はすぐさま助けに向かう事を決め、単独で馬を走らせてしまいます。

信は思わず彼を見送ってしまい、自分の置かれている状況とまた戦が最悪の形で終わろうとしている事を察してしまいます。

また玉鳳と共に本軍と戦っていた関常は、亜光が討ち死にした知らせを聞き、すぐに王翦救出の為に動こうとするも楽彰軍が立ち塞がってしまいます。

追い詰められているだろう王翦の救出に一刻も早く向かわなければ行けないと、楽彰軍と衝突する事になってしまいます。完全に戦線崩壊をしてしまった王翦中央軍・・・もはや風前の灯ともなっていました。

③田里弥・・・最後の役目!

各線戦が崩壊していく中で、尚も王翦を救おうと足掻く倉央でしたが、ついには追い詰められてしまいます。

青歌軍の圧倒的な機動力を前にして撤退もままならないと、完全に手詰まりの状態になってしまいました。

亜光が命懸けで司馬尚を食い止めたにもかかわらず、このままでは亜光の死が無駄になってしまうと焦る倉央ですが、その窮地に現われたのは田里弥と彼が率いる軍隊でした。

田里弥は王翦に自分達の力不足によって窮地に陥らせてしまった事を詫び、最後の勤めとして殿を務める事を告げます。

王翦は田里弥を引き留めるも、彼は既に自分の死地を悟り、深手を負った身体を支えながらに最後の勤めを果たそうとしています。

田里弥は王翦を連れていけと倉央に託しながら、かつての想い出に浸ります。

王翦に認められた事で出世を果たし、千人の指揮を託してくれた事など田里弥は王翦の無事をただ祈りながらに、自らの命を捨ててでも彼を守ろうとしていたのです。

末永いご武運をと、王翦の再起を祈りながらにカン・サロと一騎打ちに持ち込もうとするも、死兵と介した敵軍を前に奮闘虚しく、その矛を振り下ろす事無くに田里弥は、カン・サロの前で馬上にて命を落とす事となります。

王翦軍第三将・田里弥は戦死し、王翦は至高の部下を失ってしまう事となります・・・

「キングダム」ネタバレ793話感想まとめ

王翦の敗退とも言える今回の撤退戦は、まさに命を賭けた将軍達の死で埋まっていきましたね。

亜光だけではなく、田里弥も戦死してしまうなど、これでは例え命からがら逃げ延びても王翦の復帰は切望的かもしれません・・・

完全に戦意喪失状態になってしまった王翦軍と、このまま敗走を続けるだけになってしまうのかと、不安が増していきます。

また誰かが命を落とすのではと、気が気では無い次回はどうなっていくのか?復讐を果たせないまま終わってしまうのかと気になるところです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次