MENU

「キングダム」ネタバレ792話

「キングダム」ネタバレ792話

本記事は「キングダム」792話のネタバレ感想記事となっています。

ネタバレがに注意して内容のご確認をお願いいたします。

目次

「キングダム」ネタバレ792話

  • 司馬尚の後悔と王翦を討つ決意!
  • 全ては李牧の掌で!
  • 王翦軍第一将亜光戦死す!

キングダム792話は、大きくまとめると上記3つとなります。

それぞれ解説していきます。

①司馬尚の後悔と王翦を討つ決意!

今回はのっけから司馬尚の後悔から始まっていきました・・・思えばと李牧を受け入れてしまった事が全ての始まりだったと語っていく司馬尚は、これまで上和龍とジ・アガの様な勇猛な人物を失ってしまいます。

そして多くの青歌兵を骸に変えてしまったと、自分の采配のミスが招いてしまった事への後悔を吐露する司馬尚。

自分の決断の甘さゆえに部下を失った事への後悔を呟く事に、カン・サロは告げます。李牧が青歌軍を使い多くの犠牲を出す事は解っていた事だと。

全ての兵士はそれを受け入れて戦い死んでいったのだと言うも、司馬尚は悔いた者が居るはずだと、こんな筈では無かったと悔恨の言葉を呟き死した部下の死を悼みます。

そんな司馬尚にカン・サロは続けて言います。全ての人間は死す時にそう言い死を受け入れるものだと、そして上和龍とジ・アガ同じように死を受け入れ、後悔などはしていないと言います。

この言葉にはそう信じたいとするカン・サロの想いが込められてもいます。もはや確かめる術はなく、あるのは今ここで自分達が何をすべきなのかという事でした。

死んでいった多くの仲間達の死に報いる為には、王翦の首を取って青歌に胸を張り帰ること言い、後悔していた司馬尚を奮い立たせていきます。

仲間達の死を無駄にしない為に、敵将である王翦を何としても討ち取らなければいけないと、全軍を率いて最後の戦いに挑む司馬尚。

武人としての気概を取り戻し、今、自分が成す事を旨に奮迅していく、そんな姿に人の上に立つ武人ゆえの愚直さが輝かしく見えていきました。

②全ては李牧の掌で!

さてそんな司馬尚とカン・サロの沈痛な想いなど知る事もなく、高みの見物を決める李牧と、何か・・・完全に悪役ムーブになっていますね。

まあ悪役と言うにも戦争ゆえに仕方が無い事だとは解りますが、この戦の責任って彼にあるのかと思いたくはなってしまうも、色々と複雑です。

戦争は結果的に誰もが望んではいないのですが、流れとして起きてしまう事もあり、全ては李牧の責任ではないのですが、思わず考えてしまいます。彼ならもっと別の方法も思い付いたのでは、と。

李牧はそれらを察してワザと自分の掌で動く様に仕向けて大勢の命を犠牲にしたのではと考えると、司馬尚の悔しさも伝わってきます。

まあ戦の世で誰が完全に悪かと決めるのは出来ませんので、李牧だけが悪いとは言えないのですが・・・心中は複雑ですね。

そんな当の李牧は青歌の力で勝利は間近だと言います。はたして彼の瞳の先には何が見えているのでしょうか?

③王翦軍第一将亜光戦死す!

勢いを増していく司馬尚の率いる軍勢の前に王翦軍は押されていく一方でした。倉央もこの戦いに勝機を見いだせないと判断し、せめて王翦だけでも逃がそうと、しんがりを務めようとします。

しかしそんな彼を止めたのは亜光でした。王翦を逃がしても軍を立て直せないと判断した亜光は、自分の命を代償にして最後の忠義を見せようとしています。

そんな中でも王翦は無言を貫いている始末。一体、どうなっているんでしょうか?ここまで戦線が崩壊しても尚も王翦は無言を貫いているなど、彼は一体何を考えているのでしょうか?

そんな中で最後の出陣を迎える事になる亜光は、迫り来る司馬尚に挑み、見事に戦死してしまいます。

一刀両断とも言える驚異の斬撃を前に果ててしまうなど、多くの部下の死に無表情を貫く王翦は一体何を思っているのか?

そして王翦に付いている倉央も何を思うのかと、様々な想いが錯綜していましたね。

「キングダム」ネタバレ792話感想まとめ

今回の戦はまさに痛み分けな状況へと陥ってしまいましたね・・・司馬尚は優秀な仲間である上和龍とジ・アガを失い、また王翦に至っては亜光を失ってしまうなど、この戦は何かがおかしく感じてしまいます。

無駄な消耗戦とも言える両者ともに痛み分けな戦場。せめて仕えるべき主を守ろうとする気概を見せていく倉央が、可哀想に思える程に苦労させられてもいます。

今後の大きな禍根にならねば良いのですが、これも全ては李牧の掌で動いている事なのでしょうかね?

僅かな人間が戦場を引っかき回し、多くの命を奪う策略の中で、それでも仲間を信じて動く武将達。そんな彼等の活躍と葛藤が混戦の中で、最良の決断を成せたのかと、せめてもの冥福を祈りたいですね・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次