介護脱毛!誰かのためにやること?それとも自分のため?

 

おしゃれのための脱毛は、今の世の中若い人には当たり前になってきました。
しかし中高年の間でも、特にデリケートゾーンへの脱毛の需要が増えてきています。
これは介護を踏まえての脱毛であるのですが、一体介護脱毛というのはどんなもので、誰のためにしておくべきことなのでしょうか。

そもそも介護脱毛は誰のためにやるもの

介護脱毛という言葉、聞いただけではちょっと腑に落ちない人も多いでしょう。介護と脱毛の関係は、介護と無縁の人にはわかりにくいですね。
介護脱毛とは、デリケートゾーンの部分の脱毛、いわゆるVIO脱毛のことなのです。何で介護にVIO脱毛って関係があるのと思うのも仕方ありません。
しかしこれ、介護をやった人には脱毛済みとそうでない場合の違いははっきりと分かるものなのです。
デリケートゾーン、脱毛で言われるVIO脱毛の部分というのは、排泄等で汚れやすいものです。
介護する人にとっては、お手入れをきちんとしないと雑菌の繁殖など招く場合があるので、手を抜けません。
無毛でない場合、きちんと拭き取るには時間もかかりますし、つい強く拭いてしまって肌を傷めてしまうこともあります。
デリケートゾーンの肌はその名の通り、デリケートなのです。
また介護される方にとっても、恥ずかしいという気持ちもありますし、オムツ替えのときなど抵抗してしまうこともありますね。
VIOの脱毛というのは、介護する方にもされる方にも、大事なポイントなのです。

何歳くらいで始める人が多いの

VIO脱毛は若い人には定番ですが、介護されることを見越しての脱毛となると、40代から50代の人が多いのが現状です。
つまり、自分が現在もしくは少し前までに介護の経験がある年代ですね。いかにいわゆる下の世話が大変か、熟知している世代です。
なので自分の時には迷惑をかけないように、もしくは恥ずかしくないように脱毛をする人がこの年代に多いのです。
経験者がつまりは勧める脱毛、と言って差し支えないでしょう。
自分が経験して大変だった、もしくは被介護者の恥じらいを見ているなどですから、これは確かに信用が置ける意見です。
経験は何よりも参考になるものです。実際に経験した人、現在進行系で介護中の人がVIO脱毛利用では非常に多いということです。

 

介護脱毛するメリットとは

排泄の介助と言うのは、赤ちゃんを育てる時にやったから経験済み、と答える人も多いかもしれませんが、大人と赤ちゃんでは大違いです。
小さな赤ちゃんと大きな大人では、体重からして違います。おむつを変えるだけでも、必要な力が大きく違ってきます。
また恥ずかしいと抵抗してくる人もいますし、認知症を患っている人の場合意外と力も強いのです。
そんな違いのある排泄介助です。
また赤ちゃんはもちろん、無毛ですね。なので拭き取りも楽ですし、ちょっとかぶれていたりするとすぐに発見できます。
しかし脱毛処理していない大人の場合だと、かぶれも発疹も分かりづらいのは当たり前です。見つけるのが遅くなって結果、医師にかかる必要が出てくることもあります。
転ばぬ先の杖で、脱毛を早めに行っておくことが必要なのですね。

 

どこでどういったタイミングで脱毛するのがおすすめ

さて脱毛は今、サロン脱毛と医療脱毛の2種類があります。
もちろんどちらの利用も可能ですが、いずれ介護される時が来るのか来ないのか、何年くらい先なのかは当人にもわかりませんね。
なのでここは、永久脱毛の出来る医療脱毛がおすすめです。医療機関での脱毛ですので、非常に安心して受けられます。
また現在介護脱毛する人が増えているので、脱毛クリニックの方でも話が通じやすいということもあります。
年代的にも更年期などでちょっと不安定になり、身体も敏感になっている時期です。
医療脱毛なら、何かあった時に医療従事者がすぐに対応してくれるという心強さもありますね。
もちろん何歳で始めても可能ですし、若い時にさっさと脱毛してしまったという人は安心していられます。
でも、平均40代から50代が多いといわれても、どういったきっかけで脱毛するのが良いのか、これは迷いの種です。
できれば、アンダーヘアに白髪が生えてくる前に済ませておきたい、始めたいというのが最もおすすめの時期です。
というのも、脱毛のマシンの場合黒色メラニンに働きかけて脱毛を行います。なので白髪になってしまうと、脱毛効果が無くなってしまうのです。
介護の脱毛をと思ったら、白髪の生えてくる前にと心得ておいてください。

 

介護脱毛のまとめ

介護されるにしてもするにしても、VIO脱毛が済んでいるのといないのとでは、互いの精神的な負担も違ってきます。
また感染症などに関しても、脱毛済みの場合危険は減少します。若い人の脱毛でも、おしゃれのためだけでなく感染症予防のためという理由もあるのです。
排泄介助にはとにかく清潔を心がけなくてはなりません。
自分がしてみて大変だったという経験を、今度はされる側になった時に生かすためにも、早めの介護脱毛をおすすめしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です