脱毛について(Vライン、Oライン、VIO、キャンぺーン)

夏になると何かと水着や体を見せるシーンが多くなるため、体の脱毛を考えることが多くなりますね。脱毛で脇の下や下半身のケアなど多くがあげられます。
体系により気になる部位は人それぞれですね。
脱毛に関しては脱毛サロンなどの専門の機械のあるお店やホームケア色々なやり方が存在します。
それでは今回は「脱毛 Vライン」「脱毛 Oライン」「脱毛 VIO」「脱毛 キャンペーン」等の脱毛に関してご紹介していきたいと思います。

 

Vラインについて

Vラインの脱毛は女性の方で一度は耳にしても事のある方もいるでしょう。
どんなものかと言うと、身体の両足の付け根あたりの脱毛になります。
夏は特に気にする方は多いと思います。
Vラインのは特に体の中でも特にデリケート部分で毛も太いため、家で個人的に処理してしまうと肌荒れになり可能性があるので気を付けましょう。

この部位を脱毛することによりメリットとしては、下着や水着が可愛いデザインのものや自由に選べるようになります。楽しみも増えワクワクしますね。
自分だけは大丈夫と思っていても横から毛が出ていたなんて失態をさらすのは恥ずかしすぎます。だからこそ、このVラインの脱毛は人気があるんです。

 

Oラインについて

脱毛Oラインについても最近は、人気があります。
VラインやIラインは沢山聞いたことあるけどOラインって?どんなの疑問になる方も沢山いらっしゃるかと思います。
どういうものかと言うと、ヒップの奥の当たりの肛門周辺の脱毛になります。
自分自身では特にチェックしにくい部分であり、夫または彼氏には見られている可能性大の場所です。自分でも知らないうちに見られているかもしれません。
Oラインの毛が剛毛の方の場合は、毛が下着からはみ出してしまっていることもあります。気を付けないといけないですね。
このため「Oライン脱毛」を考える方も増えてきている言われています。
Oラインの脱毛に関しては、特脱毛サロンだと通う回数が多く、脱毛が完了しない場合も多いと言われますから、医療機関での脱毛を特にお勧めします。
(※紙パンツを履いて施術を受けることもあるようです。中にはTバックの紙パンツを履いて施術の場合は紙パンツを動かさなくて良いと言う利点があるそうです。
中には何も履かずにノーパンで施術するというお店もあるそうです。お店によってさまざまな施術の際のスタイルがあるようです)

 

自分でOライン脱毛をする際のポイント

・自宅で下部を洗い、清潔にしましょう。(水分はしっかりとタオルで拭いておきましょう。
・鏡を用意してOラインが見えるようにして、照明ライトつけ明るくして蒸しタオルで下部を温めます。(脱毛しやすくなります。)
・Oラインに電気シェイバーを当て剃っていきます。(不安や異変があった場合にはすぐにクリニックに行くことを検討しましょう)
・処理が終わったら肌が敏感になっているので濡れたタオルで冷やしましょう。(その後は保湿クリームを塗り安静にて過ごしましょう)

VIO脱毛について

脱毛VIOというのは、上記で説明させて頂いたVラインとOライン以外に「Iライン」を含む三カ所の脱毛の事をいいます。
※Iライン脱毛についての補足です。具体的には大陰唇と小陰唇の周辺になります。
Iラインは下部の脱毛の中でもセルフでやりにくい部分であり、粘膜が近くにあるので脱門サロンなどでの脱毛をお勧めします。性器周辺がIラインです。

脱門サロンで、Iラインだけの脱毛をしもらうよりもVIOラインのまとめてプランを選んだ方が安くつでしょう。
。VIOライン脱毛の金額相場
・脱毛サロンA—回数(6回)—金額相場—3~7万円
・脱毛サロンB—回数(12回)—金額相場—12万円
・脱毛クリニック—回数(6回)—金額相場—6万円
これだけ金額相場に金額差がある事が良く分かります、参考にして下さい。
脱毛クリック、脱毛サロンにしても何度か気持ちよく通うには2つ程度予約することをお勧めします。

 

脱毛のキャンペーン中をねらう

脱毛サロンなどでは色々なキャンペーンをしているところが沢山ありますね。
全身パーツの中から選びらい放題や通い放題などがあります。
色んな脱毛サロンが色んなキャンペーンを展開していますので、検索して幾つかを比較して自分に合った金額と内容を見積もってみるのも手ですね。

 

まとめ

今回は「脱毛 Iライン」「脱毛Oライン」「脱毛 VIO」「脱毛 キャンペーン」について細かくご紹介してきました。この記事を読んで頂き前まで以上に各脱毛に関し知って頂けたと思います。
女性なら誰しも関心のある脱毛ですが、自然のままに任せてそのままの方も多いかと思います。ですが、この機会に脱毛に挑戦して自分の身体に磨きをかける事を考えて頂くステップにしていただけたらと思います。
どんどん魅力的な女性をめざして前進していきましょう

それでも、脱毛をするに関しては妊娠を望む方は脱毛を控える必要がありますのでご注意下さい。
(※妊娠によってホルモンバランスが変化して、肌が敏感になっていて肌トラブルが起きやすく、妊娠前より痛みを感じやすくなっています。そのため脱毛サロンなどでは妊娠中に基本的に脱毛を断られるケースが多いです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です