家でできる色々な脱毛の方法を取り上げてみた

脱毛する方法は、クリニックやサロンの他にも色々あります。家でできる脱毛もありますが、一般的な方法はカミソリやシェーバーです。その他にも家庭用脱毛器やブラジリアンワックスなどの方法がありますが、今回は家でできる色々な方法を取り上げました。

 

ブラジリアンワックスで処理する方法

欧米諸国では、多くの方々はブラジリアンワックスを使用しています。電動シェーバーやカミソリではありません。
ブラジリアンワックスは、ワックス剤とスパチュラと専用シートがワンセットになっています。その使い方ですが、まずはスパチュラを使ってワックス剤を適量だけ取り出します。それを専用シートに塗るか、肌に直接塗ります。そして専用シートを肌に貼りつけて、一気に引き剥がす訳です。ガムテープで体毛を取り除いていくようなイメージになります。
その際コツがあって、あまり時間をかけてシートを剥がさない方が良いでしょう。時間をかけると痛みを伴うので、一気に引き剥がすのがおすすめです。そして毛の流れと逆方向に引き剥がすようにします。
このブラジリアンワックスは、太い毛を処理する事もできます。ハイジニーナやワキなどの箇所は毛が若干太めですが、そこに生えている体毛も処理できる訳です。
なおブラジリアンワックスは、なかなか実店舗では見かけない事もあります。主に通販サイトで買って、脱毛していく事になるでしょう。値段は3,500円目安です。
この方法であれば、肌に対してあまり大きな負担はかかりません。確かにシートを剥がす時は、やや痛みを伴います。しかし一旦引き剥がせば、しばらくの間は体毛の処理が不要になります。およそ2週間程度は自己処理が不要になるからです。
カミソリなどで自己処理するのは、肌に対する負担が大きいです。カミソリには鋭い刃が付いているので、毎日それで処理をするのは負担が大きくなります。その点ブラジリアンワックスを使えば、自己処理の頻度が大きく減る訳です。

 

除毛クリームという方法の特徴

家で脱毛するなら、除毛クリームという方法もあります。使い方は非常に簡単で、まずクリームを肌に塗ります。そしてしばらく時間を置いて、洗い流すというシンプルな方法です。ちなみに何分ぐらい時間を置くかは、製品のパッケージに明記されています。
除毛クリームの場合、毛根部分から体毛を取ります。それだけに、肌がすべすべする事も多いです。カミソリなどの方法は、そうではありません。カミソリでは毛の根元から除去する訳ではありませんから、根っこの部分は残っています。
またクリームの場合は、毛の断面にも特徴があります。カミソリは毛の頭の部分だけ剃る事になるので、処理した後はチクチクしてしまう事も多いです。しかしクリームは毛の断面が丸くなるので、比較的なめらかな状態になります。
また除毛クリームは、価格にもメリットがあります。多くの製品は2,000円以下で買えますから、上述のワックスよりは格安です。
ただしクリームと自分の肌との相性は、慎重に確認しておく方が良いでしょう。敏感肌の場合、クリームと合わない可能性もあるからです。商品レビューなどを読んで、敏感肌でも問題ないか確認しておくと良いでしょう。

 

ワックスに似ている脱毛テープという方法

脱毛テープという手段もあります。上述のブラジリアンワックスに似ていますが、価格も比較的安いです。たいていのテープは1,000円以下で買うことができます。
テープの場合は、すでにシートにワックスが塗られているような状態になっています。使い方はシンプルで、体毛を処理したい箇所にシートを貼りつけます。そしてワックスのように引き剥がせば、処理完了です。
ワックスと同じく、およそ2週間程度は自己処理は不要な状態になります。ただし剥がす時には、やはり痛みを伴います。
ちなみに脱毛シートを使う時は、肌を乾燥させておく必要があります。若干汗ばんでいる状態でシートを使いますと、効果が半減してしまう可能性があります。

 

フラッシュなどで体毛を処理していく家庭用脱毛器

家庭用脱毛器という方法もあります。脱毛サロンが採用しているようなマシンで、レーザーやフラッシュの光が放出されるようになっています。そのマシンで毛根部分にダメージを与えて、処理していく訳です。
効果は、脱毛サロンとほぼ同じです。家庭用脱毛器で処理を続けていると、だんだん自己処理も不要な状態になってきます。ただし値段が少し高めで、平均的には65,000円になります。
なお家庭用脱毛器の効果が発揮されるのは、若干時間がかかる事が多いです。およそ半年程度は使い続ける必要があります。
また慣れていない内は、若干痛みを伴う事はあります。ですが、幸いにもマシンにはレベルを調整できる機能があります。光の強さをコントロールできるので、強い痛みが伴わないようにする事もできます。

 

まとめ

上記のように、家でできる脱毛の方法は色々あります。それぞれ痛みに関する違いもありますが、基本的にはレビューなどを参考にして製品を選ぶと良いでしょう。しばらく続ければ、自己処理を不要にする事もできますし、試してみる価値はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です